校舎写真

 

MENU


学校いじめ基本方針(概要)


 <はじめに>
近年のいじめ問題の深刻な状況から国では「いじめ防止対策推進法」が制定され、各学校においても「学校いじめ防止基本方針」作成し、地域・保護者の皆様方の協力を得ながら、いじめ根絶に向けた取り組みを進めることになりました。
 つきましては、「学校いじめ防止基本方針(概要)」をホームページ上で公開する運びとなりました。ご一読頂き、子ども達がよりよい環境で学校生活が送れますようご協力よろしくお願い申し上げます。 

 <学校いじめ基本方針(概要)>

串本町立串本西中学校

 1 はじめに
  いじめは、生徒の心身の成長や人格の形成に重大な影響を与えるとともに、将来にわ たって、いじめを受けた生徒を苦しめるばかりか、人間の尊厳を侵害し、生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれのある絶対に許されない行為であり、本校でも起こり得るとの認識をもって取り組まなければならない。

 2 いじめについて
        本校では、いじめを認知する際の具体的な態様として、次のような例を参考にしながら判断するものとする。

    【暴力を伴うもの】
     ○軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする
     ○ひどくぶつかられたり、叩かれたり、蹴られたりする 等

    【暴力を伴わないもの】
     ○冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる
        ○いつも用事や当番をさせられる
        ○いつも自分の持ち物など代わりに運搬させられる
     ○仲間はずれ、集団による無視をされる
     ○金品をたかられる
     ○金品・持ち物を隠されたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたりする
     ○嫌なことやはずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする
     ○パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷や嫌なことをされる 等

 3 いじめの防止等への取組

 (1)対策組織
    学校長を中心とするいじめ対策組織により、定期的に情報交換を行い保護者及び関係機関との連携を密にする。

 (2)未然防止
    全ての生徒に「いじめは人権を侵害する絶対に許されない行為である」との理解を促し、人権尊重の精神の涵養を目的とする教育活動を行う。また、生徒の豊かな情操や道徳心、自分の存在と他人の存在を等しく認め、お互いの人格を尊重し合える態度等、よりよい人間関係を構築する能力を養う。

   @ 道徳教育及び体験活動等の充実
   A 生徒会活動等の活性化
   B 生徒の人権意識の向上
   C 授業づくりの改善と工夫
   D 開かれた学校づくり
   E インターネット上のいじめの防止

 (3)早期発見・早期対応

   @  早期発見
    (ア)生活・いじめアンケート等の実施
     (イ)教育相談体制の充実

   A 早期対応
      いじめを認知した場合、次の(ア)〜(エ)に留意して、組織的に迅速かつ適切に対応する。
    (ア)当該生徒の安全確保(イ)事実確認 (ウ)関係生徒への指導・支援・助言
    (エ)保護者への情報提供

   B 青少年センター等関係機関との連携

   C インターネット上のいじめへの対応
   インターネット上に不適切な書き込み等を行っているとの連絡を受けた場合、そのサイト等を確認し、デジタルカメラ等で記録したうえで、当該生徒及びその保護者に了解をとり、不適切な書き込み等のあるプロバイダに連絡し、削除を要請する。なお、不適切な書き込み等が犯罪行為と認められる場合は、削除要請を依頼する前に警察に通報・相談する。

 (4)教職員の資質能力の向上
    「いじめはどの子どもにも、どの学校でも起こり得る問題である。」という基本認  識に立ち、全ての教職員が生徒としっかり向き合い、いじめの防止等にきっちり取り組める資質能力を身につけられるよう、マニュアルやハンドブックなどを活用し、年2回(4月、10月)、校内研修を行う。(「いじめ問題へのチェックリスト」活用)
 
(5)家庭・地域との連携
    保護者や地域住民の信頼関係を構築し、生徒の家庭や地域での様子を気軽に相談できる体制を整備する。また、いじめの防止等の取組について、保護者に理解を得て、育友会総会や三者面談等の機会に情報交換を行う。さらに、地域住民の学校行事への参加を促したり、連携して街頭指導を実施したりして、校外での生徒の様子を把握する。

(6)継続的な指導・支援
    学校対策組織やスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー等を交えたケース会議等を定期的(5月、11月)に行い、生徒の人間関係を継続的に注視していく。いじめを受けた生徒については、継続的な心のケアに努めるとともに、自己有用感等が回復できるよう支援する。また、いじめを行った生徒については、いじめの背景にある原因やストレス等を取り除くよう支援するとともに、相手を思いやる感情や規範意識が向上できるよう粘り強く指導する。


オープニングページ